インターネット お勧め

インターネットお勧め道場

インターネットでお勧めのサービスについてご紹介します。ぜひ、参考になさって下さい。

TOP PAGE >

□Speed USB STICK U01はU

Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、従来の二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
それに加え、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアを利用する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんので、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。

URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX端末ですから、バッテリーが組み込まれていない理由から、使用目的は屋内使用のみに限定されています。ですが、可動式の高利得アンテナが外付けになっており、受信性能の良さが特徴の一つとなっています。
また、同時に16台もの端末をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線接続する事が出来ます。

その他、WiMAX通信のみを利用するノーリミットモードに対応していますから、速度制限に囚われる事なくインターネットを利用する事が可能です。
WiMAXサービスは無線を使ったインターネットですので、その特徴による利点が沢山あります。具体的には、従来のインターネット回線のように建物単位での契約ではありませんから、WiMAX端末さえカバンに入れて持ち運ぶ事で、1回線分の申し込みで色々な場所からインターネットが出来ます。その他、無線ですから開通工事が必要ありませんので、WiMAX端末が手元に届いてそのままインターネットを行なう事が出来るだけじゃなくて、回線工事費を負担する必要もないので安くインターネットが出来ます。その上、無線なので配線で室内がごちゃごちゃする事もありませんから、掃除も楽ですし部屋もすっきりします。
携帯型タイプのインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。具体例を挙げると、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。



ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。
ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限の際のWiMAXよりも遅くなります。
そう言う理由から、速度制限は無いものの、WiMAXで言えば、いつも速度制限が掛かっている状態になっているとも言えます。



近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線なのです。
800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置まで電波が行き渡りやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。


WiMAXサービスの月額料金ですけど、驚いた事に、契約先により金額が違います。


具体的な話、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。



また、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。


こんな風に、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を検討しましょう。WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。
それだけ長期契約期間になっていますから、しっかりとしたとこと契約を行いたい所です。

意外と見逃されがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。



WiMAXの通信機器は、日々高性能化されています。
何よりも、通信速度が速まって、現在、下りの最大の通信速度が220Mbpsと言うスペックに達しています。
ただし、この頃は通信速度より、総通信量がどれだけ達したかに対する注目が見られます。

新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。と言うのは、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。従って、メーカーもしくはユーザー的には、そこに対して過敏になっているのです。WiMAXサービスは電波を使ったインターネットサービスとなっていますので、人により体に対する悪影響を気にする方もいるでしょう。


具体的に言えば、様々な電子機器の発する電波が身体の細胞に傷を付けて発がん性を高めるのではないのかとか、精子の質を悪くするのではないかと言った噂も話題となりました。そうは言えども、WiMAXサービスの使用する2.5GHzの帯域の電波に対しては、人体へ影響を与える医学的な証拠が示されていません。その他にも、ペースメーカーに及ぼす影響に対しても気になるところではありますけれど、総務省の研究により影響のない事が確認されていますので、WiMAXサービスは安心して利用する事が出来ます。

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、二種類のキャッシュバック特典の中から好きな方を選択する事が出来ます。
一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。
Gポイントでのキャッシュバックの方が貰えるキャッシュバック額が少し多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から受け取れるのに合わせて、受取り損なってしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用可能ですし、SuicaポイントやWAONポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。

□周知のようにWiMAXには速度制限が

周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、それほどハードなものではありません。
ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。また、混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。

帯域制限時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。
WiMAXのサービスの中で、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。WiMAXサービスに対する情報を一番把握していますし、トラブル時のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの対応時間も最長なのです。

ですが、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約をすると言う手段もあります。

代理店ならキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。



WiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は大きく変わりました。最も変わったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。だから、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。それなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。そんなわけで、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。

最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率99%を超える、とても受信しやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。


今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。


WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、このサービスって、帯域制限の規制が緩く、その分の使い勝手の評判が良いです。ですから、大容量通信が必要となる方であれば、特に一押しのモバイルインターネットサービスと言えます。通信制限をいちいち気にしてられないのならば、考えてみてはいかがでしょうか?WiMAXの通信機器は、日々性能が上がって来ています。中でも、通信速度が速くなり、現在のところ、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特長となっています。

とは言っても、ここのところは通信速度より、通信量の通知機能に対して注目が集まっているようです。



最新WiMAX機器のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。

その理由は、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、この適用が運用されるようになったからです。
従って、製造会社及び使用者としては、ここに敏感になっているのです。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。
このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。


So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。月々500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円分のお得感があると言えるでしょう。So-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーンサイトへアクセスすると画面の右下に追尾型のウィジェットが出て来て、これが一体何なのかとビックリしてしまう方もいるでしょう。
これはSo-netの担当者と繋がるチャットスペースになっていて、キャンペーンサイトを閲覧する過程で疑問を抱いた部分に関して、リアルタイムでオペレーターに質問を投げかける事が出来るシステムとなっています。
電話であれこれやり取りするのが緊張すると言う人でも、文字でのやり取りであればハードルが低くなるのではないでしょうか?なので、そう言う方にとっては非常にありがたいシステムであり、十分に納得した上でSo-net モバイル WiMAX 2+と契約を行なう事が出来ますので、サービス開始後に後悔してしまうようなミスは起こりにくくなります。電機屋にて、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。私はWiMAXを使っていますので、お分かりの通り、そんなものは不要です。
店員にそう言うと、驚くような回答が返って来ました。WiMAXなんか、天候が荒れたら受信が悪くなるでしょう?でも、これまでの経験上、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。台風直撃の最中であっても、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。

□WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制

WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限が二つあります。

先ずは、月間データ量による速度制限って言う、7G制限と言われているものがあります。次に、混雑回避の為の速度制限と言われるものです。
ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除となります。


ただし、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間契約が一般的です。


その理由は、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事によって、25ヵ月間の月々の使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
加えて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用されるので、その結果、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くと大した金額ではありませんが、割引きは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。WiMAXサービスの魅力としては、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。無線を使う形なので、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。

重ねて、WiMAX機器はポケットサイズですので、どこでも持ち運びが出来ます。

諸々の部分を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運ぶと良いです。

そう言う理由から、プロバイダの中にはWiMAXとタブレットとのセット販売を行っているところもあります。
モバイルインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが色々存在します。
具体的に言うと、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。
ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。
この通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。そう言う理由で、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べると、常に速度制限状態だと言えます。


WiMAXサービスの契約を考える際は、少しでもサービス内容に疑問がある事で手続きを進めれなくなる事があります。

お問い合わせの電話番号が記載されてたとしても、押し売りされるのではと心配になってしまいます。

そんな心配に対して配慮して作られているのが、nifty WiMAXのサイトに設置されているチャットスペースです。


疑問点が湧いた時点で書き込んで送信出来、即座に専門のスタッフから返事を貰う事が出来ます。


WiMAX端末は普通の値段が20000円しますし、クレードルのセットで22750円も掛かります。
かなりの価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。ってことで、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。

電気屋さんで、光インターネットの勧誘を受けました。
WiMAXユーザーの私ですから、当たり前の事ですが、必要ないものです。

WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、呆れるような営業トークをされました。WiMAXって言えば、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?なのですが、WiMAXを使い続けている私から言わせて貰えば、天気が荒れる事でWiMAXが受信出来なくなるなんて経験はありません。強風の中であっても、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。
WiMAXサービスは電波を利用するインターネットサービスですから、一度利用してみないと分からない部分はあります。



そんな方にお勧めなサービスが、Try WiMAXと言う15日間のWiMAXお試しサービスです。クレジットカードの番号の登録とアンケートに答える事が適用条件とはなりますが、申込み前にWiMAXサービスを使用する事の出来る嬉しいシステムです。

サービスの利用中にUQ WiMAXからセールスの電話がありますので、そのまま契約まで進める事も出来ます。


GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約の際に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円のオプションサービスもあります。
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何かと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。サービス対象となるアクセスポイントは全国10

000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で利用する事が出来ます。
Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアが存在しますが、オプションエリアチケットを購入した金額分はGMOポイントで還元して貰う事が出来ます。URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器で、バッテリーが組み込まれていない為、利用用途は室内利用だけに限られています。けれども、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられていて、受信性能の良さが特徴の一つとなっています。その上、一度に16台もの端末をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線通信する事が可能です。


そして、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードに対応していますから、通信制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。

□メニュー





□メニュー


Copyright (C) 2014 インターネットお勧め道場 All Rights Reserved.
top